榛名ポーク ご注文

知恵袋 Wisdom

とんかつとキャベツ

とんかつとキャベツ

とんかつと言えばキャベツ。

とんかつの付け合わせは?と聞かれればほとんどの人がキャベツと答えるくらい、定番中の定番ですが、実はこのとんかつとキャベツの組み合わせは、栄養学的にも理に適っているのです。

キャベツにはビタミンU(キャベジン)という成分が含まれています。

とんかつキャベジンは胃薬の名前にもなっていますが、この成分は胃腸を保護し、働きを良くしてくれる効果があり、とんかつを食べた後の胸焼けや胃もたれを防いでくれるのです。

また、キャベツは食物繊維とビタミンCを多く含んでいます。

食物繊維はとんかつの油分の吸収を抑制してくれますし、ビタミンCは油分の取り過ぎによる活性酸素を除去してくれる栄養素のひとつです。

他にも抗がん作用や美肌など様々な効能をもつキャベツ、おうちでとんかつを作るときにはぜひ忘れずにキャベツを添えてください。

豚肉の効能

豚肉の効能

豚肉の特徴としては、ビタミンB群を豊富に含むことです。
特にビタミンB1は牛肉の約10倍多く含まれ、全食品類の中でも断トツです。

【ビタミンB1】

疲労回復に良いと言われるビタミンB1。
このビタミンB1は、糖質の分解を助けエネルギーへ変換する際に必要となるビタミンです。
ビタミンB1が不足しているとご飯やパンなどをたくさん食べても、エネルギーへの変換効率が悪くなり、食欲不振、肩こり、めまい、動悸、下肢のしびれ、イライラなどの症状が現れ、疲れやすくなります。
また、脳はブドウ糖を分解してエネルギーを作るため、ビタミンB1が不足すると十分なエネルギーを作ることができず、記憶力の低下や情緒不安定、うつ病などを引き起こす可能性があります。
豚肉の豊富なビタミンB1はこれらを防ぐのに最適の食材で、筋肉に溜まっていく疲労物質、乳酸を取り除いてくれるので、疲れや夏バテ、激しい運動をしている人などは豚肉はもってこい。
また、ビタミンB1はアルコール分解の際に多く消費されるので、お酒が好きな人はビタミンB1が不足気味になりがち。豚肉は酒飲みの強い味方となってくれます。

【脂肪】

豚肉の脂身にはコレステロールを下げる脂肪酸がたくさん含まれているので、コレステロールが気になる人にもおすすめです。 最近では、脳卒中の抑制効果もあり長生きに欠かせないともいわれています。

また豚肉には、鉄、リン、カリウムなども豊富に含まれています。鉄は、貧血の予防や血行をよくする働きが、リンは骨や歯を作り、神経や筋肉の働きを保ち、カリウムは、体の水分バランスを整えてくれます。

おもな効能
疲労回復
精神の安定効果
ストレス解消
美肌効果